会計事務所や経営コンサル会社は採用人数のわりに人気の職種なんですね。
日商簿記!検定試験と資格

会計事務所体験記

日商簿記検定試験TOP > 会計事務所体験記 > 採用人数が少ないため倍率が高い

会計事務所は採用人数が少ない

就職活動活動をしていた頃、私は会計事務所を3社だけうけました。

毎年新卒を採用している事務所も少なくさらに採用人数は1桁というのが
多いと思います。そして、人気がある職種なので倍率が非常に高いです。

採用条件は3社とも所有資格は普通自動車免許のみでよかったのですが、
ライバルには税理士の科目合格や日商簿記1級を所有している人ももちろんいます。

そんなプレッシャーの中でやっていくので、相当なプレッシャーです。

会計事務所の採用試験は大企業の採用日程と比べると少し遅いと思います。
(今はわかりませんが)面接で聞かれる質問は、大体教科書通りのことを聞かれます。
マスコミ関係でされるようなひねった質問はまずしてこないでしょう。

また会計事務所の仕事は 電卓を たたくことが主ではなく、お客さんとの話が主です 。
サービス業と同じです。 なので面接官がみるポイントは話す態度や度胸など、人柄が中心ではないかと思います。

新卒者相手に税務や法務の知識の量は期待していません。

・面接官はその人の性格、人柄を重視してきます。
・オドオドしたら一発で×ですね。
・入社する目的は大事です。独立志望歓迎の会社とそうでない会社があります。
・所有資格に対してはほとんど聞かれませんでした。
・営業をすることは少ないと思いますが、毎日お客さんのところへ訪問します。
・話をするのが好きな人は会計事務所に向いています。


スポンサードリンク
会計事務所体験記
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.