宅建を知ろう!
日商簿記!検定試験と資格

宅建資格試験

どんな資格?

宅建資格試験のはじめて学ぶ宅建

宅建」という資格名を聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、
正式名称は「宅地建物取引主任者」といいます。

不動産の取引というのは金額が非常に大きく、素人には契約などが複雑です。
これら宅地建物の取引が問題なく行われるようにするために 昭和33年に
建設省が作ったことが始まりです。

昔は「宅地建物取引主任者」ではなく、「宅地建物取引員」と呼ばれていました。
非常に古くからあるのある資格なんです。

宅建業務を行う業者は事務所1つに対し5人中1人は宅建所有者を設置
しなくてはならない
と定められています。

受験者数が多かったのがバブル期!バブル期は約30万人もの受験生がいました。

現在は20万人を切っていますが、 行政書士は約7万人、税理士は約6万人
、日商簿記3級は約10万人。受験生が減ったといっても人気は圧倒的です。

この宅建資格試験が大人気の理由は不動産業界では必須というのも一つですが
だれにでも受験でき、だれにでも役に立つ内容だからです。

不動産取引を公正に行うのが目的の資格ですが、民法を扱うためで幅広い分野で
評価が高いのです。

また公認会計士や税理士のような超難関な試験ではないので、3ヶ月〜6ヶ月程度で取得可能です。

資格試験は一般的には時代とともに難しくなる傾向にあるのですが宅建は合格率が
10年以上15%前後の推移なのでこのレベルまだ当分は続くのではないかと思います。

宅建資格試験のはじめて学ぶ宅建


スポンサードリンク
簿記の資格を活かす
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.