社会保険労務士(社労士)を知ろう!
日商簿記!検定試験と資格

社会保険労務士(社労士)資格試験

日商簿記検定試験TOP > 資格取得後のみちしるべ > 社会保険労務士(社労士)

どんな資格?

社労士資格試験のはじめて学ぶ社会保険労務士

社会保障制度に関する法律のスペシャリストが「社会保険労務士」です。

人事労務の管理や年金相談のコンサルタントや就業規則などを仕事としています。
さらに身近な仕事だと企業内の「労働保険」や「社会保険」に関する書類を作って、
そして書類提出の代行などの業務を行います。総務の仕事というとイメージしやすいかも。

実は社会保険や労働に関しての法律や手続きはとても難しいのです。
近年のメディアでの社会保険庁問題を見て思う方もいると思いますが、
社会保険の仕組みが素人の私達には全く理解できません。

そのため、 社会保険労務士の専門知識は多くの会社で評価されます。
資格をもっていれば就職に有利だったり、 資格手当てをもらえたりする場合もあります。

難易度は高いですが、女性にも向いているお勧めの資格試験です。

社労士資格試験のはじめて学ぶ社会保険労務士


スポンサードリンク
簿記の資格を活かす
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.