新卒と中途だとまた扱い方が違うんですね。中途は簿記必須になります。
日商簿記!検定試験と資格

中途採用に簿記

日商簿記検定試験TOP > 資格取得後のみちしるべ > 経理などの中途、簿記必須?

中途採用は簿記が必要?

新卒の人は簿記の所有は必須ではないと書いてきましたが、中途採用の場合は
また話が別になります。

新卒はたとえ日商簿記1級を取得していたとしても即戦力は期待されていません。
しかし、中途採用は簿記の所有を前提にプラス経験を重視してきます。

つまり中途採用は簿記所有で即戦力を期待されています。
簿記のレベルは日商簿記2級以上が求められることが多いです。

大企業の経理に入るというのは、超難関です。大企業への転職を狙うなら
日商簿記1級、全経簿記上級がないと厳しいかもしれません。

中小企業や派遣社員の経理採用では折込広告や求人誌をみると

[採用条件: 経理経験○年以上、日商簿記○級以上所有]

という記載を目にしますよね。新卒を性格重視でみるとするなら、中途採用は
実力重視でみてくるということです。

経理という仕事は、売上げに貢献しない仕事、ですが責任重大な仕事なので、
採用人数の枠が特に少ないんですね。 営業は売上げに貢献するので採用人
数が多いというわけです。狭き門へのチャレンジ もカッコいいですね。


スポンサードリンク
簿記の資格を活かす
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.