就職活動で簿記を活用するなら日商簿記2級以上はほしいところ
日商簿記!検定試験と資格

簿記と就職

簿記で就職活動

就職活動において簿記がはどのくらい企業から評価を得られるのか?
とても気になるところです。私ももちろん就職活動を経験したのでその
経験から感じたことをお話しようと思います。

まず、日商簿記3級レベルではほとんど効果がありません。
就職活動で効果を得るには、日商簿記2級以上が必要です。

採用の条件に簿記を入れている企業は大体日商簿記2級以上と
なっています。そのような条件があるところは、当然経理や記帳業務
などの採用になっているはずです。

逆に簿記が採用条件に入ってない企業では日商簿記2級でも3級でも
たいして評価は変わりません。なぜなら資格があっても、実務ができる
わけではないからです。

実務は簿記の学習とは全然別ものです。

また簿記を所有しているからといって、人事でそれを考慮して配置される
わけではありません。 営業にまわされることも十分にあります。

やはり、採用側は性格重視でみます。その適正にあった人事配置を考えます。

簿記の所有を採用条件に入れている企業も、即戦力を期待しているわけでは
ありません。(中途の場合はまた別ですが)簿記をもっていても、実務ができない
のは採用側もわかっています。

簿記の資格をもっていても大して効果がないように書きましたが、 日商簿記1級クラス
は別格です。大企業では、それでも経理に入るのは難しいと思いますが、
中小企業で経理求人があれば、効果は大きいです。履歴書ではトップクラス
の評価が得られると思います。

--------------------------------------------------------------------------
結論をいうと、簿記は採用条件であり決定打にはなりません。
評価はあがりますが、即戦力を期待しているわけではないということですね。


スポンサードリンク
簿記の資格を活かす
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.