行政書士を知ろう!
日商簿記!検定試験と資格

行政書士資格試験

どんな資格?

行政書士資格試験のはじめて学ぶ行政書士

行政書士は以前は代書屋とみんなから呼ばれていました。
行政手続きに関する書類作成のプロフェッショナルです。

許認可申請書類等や契約書・遺言書等の作成・代理などの作成が主な仕事ですが、
作成できる書類は約1万種類とも言われており、
その業務内容の豊富さと柔軟性から非常に人気のある資格となっています。

ちなみに平成17年度の行政書士試験では約7万5千人も受験しています。
非常に人気のある資格です。

行政書士の魅力をあげると、このように手に職をもつような技術仕事は、
自分のペースで自由に仕事ができるイメージがあります。

サラリーマンだと朝8時から夜5時まで、
定時に帰宅できるところはほとんどなく毎日長い時間仕事場で拘束されます。

確かに、資格業の行政書士や司法書士、税理士の方は自宅の一室を事務所として使い
小さな規模で営業している方がほとんどです。

自宅が仕事場なら朝起きて、自分の好きな時間に仕事を始められるし、
通勤ラッシュに巻き込まれることもありません。
営業方法も仕事内容も全て自分自身で自由に決められます。

そういう部分も魅力のひとつです。

行政書士資格試験のはじめて学ぶ行政書士

簿記の資格を活かす
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.