私の経験した簿記に関わる実際の実務のお話
日商簿記!検定試験と資格

簿記の実務

日商簿記検定試験TOP > はじめて学ぶ簿記 > 簿記を使う実際の実務はどんなの?

簿記の実務はどんなの?

経理というと、毎日、領収書とにらめっこで電卓たたっきぱなしなイメージがある人
もいると思います。耳にえんぴつはさんじゃったりなんかして。

もちろんこんな感じで帳簿を記録するのも経理の仕事ですね。
これが経理の基本的な仕事です。

簿記検定では手作業で、元帳を作成したり、試算表を作成したりしますが、
今はほとんどの会社はパソコン会計を導入しています。仕分けを入力する
だけで、元帳から試算表まで完成してしまうんですね。

簿記検定を学んで、あー、経理ってこんなに面倒な作業をするのかって思いません
でした?(私は思いましたけど。。)

いまはコンピューターでぱぱってできちゃうんですね。ただ簿記を学んでいないと
どういう流れで数字がでてきたか理解できないので、やはり必要なんです。

また会社の、お金を管理するのも経理の仕事です。

お金の管理っていっても、会社の資金繰りまで考えるのがかっこいい経理士です。

資金繰りとは、会社の予算、経営状況をみてお金を調達することです。
上場企業は株式で資金調達できますが、日本の大部分は中小企業なので
普通は銀行から借り入れします。

一般的なイメージで借金というと、消費者金融のイメージがでてきてしまいますが
銀行からの借金はまったく別です。銀行から借入するというのは普通なんです。

モノを売るためには、先に仕入れなければなりません。
つまり、先にお金が出ていくので、借金しないと資金が回らないんですね。
もちろん無借金経営がベストです。

そして、経理において一番大変なのが会社の決算です。
税金の申告の時期です。

税金の申告にともない、節税や納税資金の調達など大変な時期です。
税金に関しては税理士ですが、会社のお金の流れを一番わかるのは
その会社の経理士ですから、必然的に税務も経理に関連してきます。

税法は毎年変わるので、常に勉強が必要です。

こんな感じで、試験勉強と実務っていうのは差が大きいんです。
経理といっても実際仕事はピンからキリまであるんですね。


スポンサードリンク
簿記のはじめの一歩
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.