とりあえずこれをやっていればブラインドタッチはできるようになります。
日商簿記!検定試験と資格

電卓マスター

日商簿記検定試験TOP > 電卓マスター > 私の電卓トレーニング方法

電卓のトレーニング方法

電卓マスター3か条
・毎日電卓に触れるべし
・会社でも恥ずかしがらず打つべし
・簿記の学習も必ず電卓とエンピツを使うべし

電卓マスタートレーニング方法
1キーから9キーまで順番に打っていきます。
1、2、3、4、5・・・8、9
薬指、中指、人差指、一段上に移動して薬指、中指
9キーまでいったら+キーを押して足します。
今は画面の数字は「123,456,789」 になってますよね。

そしたらまた1キーから9キーを打っていきます。
つまり「123,456,789」をひたすら足していくわけです。
できる限り早いスピードで足しましょう。

これを数回繰り返します。たとえば5回繰り返したとします。
5回繰り返したら最後に「123,456,789」で割ります。
画面には「5」 が表示されているはずです。
このトレーニングだけでも十分早く打てるようになります。

Mキー、GTキーを常に意識する。
この2つのキーは使わなくても問題は解けます。
3級なんてまったく必要なく合格できます。
ただ、このキーになれておくとかなりの時間短縮になります。
意識しないと使わないキーなので、簡単な問題でも使う
ようにしましょう。使っているうちに、コツがわかってきます。

5キーを常に意識する。
5キーに小さなボッチがある話はしましたが、
これを常に意識して電卓を使うことで、ブラインドタッチ能力が
早く身につきます。この5キーを意識していないと、たまに
自分の指の位置がわからなくなってしまいます。
安定して正しい数字を打つためにも意識してください。

ここまでこればあなたも電卓マスターの仲間入りです。
お疲れさまでした。


スポンサードリンク
電卓の練習手順
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.