私の電卓の打ち方の紹介です。
日商簿記!検定試験と資格

電卓マスター

電卓の打ち方

電卓に打ちかたがあるのかどうかはわかりませんが
私のやり方を紹介しようと思います。
他にもちゃんとした打ちかたがあるかもしれないので
参考程度に読んでください。

電卓は左手で打たなきゃだめ?

そんなわけありません。
右手(利き手)でも簿記検定には影響しません。
そんなこという私は左手で打ちます。

■私が左手で打ちはじめた理由
・最初のころは右も左もどっちも遅かったので、ならいっそ左でってことで。
・エンピツを持ち替えるのが面倒だった。
・左手で打つとなんか仕事ができそう(ハッタリをかませる)
・余分な力が入らないので打ちやすい


◆薬指、中指、人差し指の3本で打つ

(左手で打つ場合ですので、右手の場合は逆になります。)
基本はこの3本で打ちます
数字キーは3列で並んでいるので、左から順においていきます。

  薬指→7キーの列
  中指→8キーの列
人差指→9キーの列

電卓には5キーの上に小さなボッチがあると思います。(ものによってはないかも)
ここを中心にして打ちます。パソコンのブラインドタッチと同じ要領ですね。
あとは3本の指をそのまま上下に動かせば完璧です。
慣れてくると、小さなボッチが5キーですから、感覚で数字が打てます。
ポイントは3本の指をそのまま上下することですかね。

ちなみにうちの親は両手で打ちます。。新しいかも

やさしく叩いてね 

◆講座で電卓を学ぶ

電卓を専門的に使いこなしたい人はしっかりとした講座を受けてみてはいかかでしょうか。
大原で「電卓マスター講座」というものがあります。値段もお手軽になっています。
通学で1,000円〜3,000円の講座です。

[お問合せ]
簿記講座【資格の大原】


スポンサードリンク
電卓の練習手順

Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.