メモリー機能が電卓の醍醐味です。ぜひマスターしましょう。
日商簿記!検定試験と資格

電卓マスター

電卓のM・GT

電卓に触れたことが少ない人にはさっぱりの機能だと思います。
ただこの機能を使えると使えないでは計算スピードが断然違います。
最初は使いづらいなあと感じますが、ある時「あれっ、これやっぱ使えるよ!」
って思うはずです。

「Mキー」通称:メモリーキー

電卓の中にデータを保存するスペースがあると考えればいいです。
その保存スペースがメモリーと呼ばれるものです。

M+ メモリーへプラスします。
M− メモリーからマイナスします。
RM  メモリーの残高を確認します。
CM  メモリーの残高を消去

例えば100円のチョコと50円の団子があったとします。
チョコを2つ買って、団子を3つ買いました。
さて、合計はいくら??(暗算はダメ!絶対)

[メモリーキーを使わない場合]
   100 × 2 = 200 ・・200を頭で覚えて
    50 × 3 = 150 ・・さっきのが200だったから
200 + 150 = 350円

または
100 + 100 + 50 + 50 + 50 = 350円 

[メモリーキーを使って解くには]
100 × 2 M+ ・・メモリー残高200(メモリー200プラス)
  50 × 3 M+ ・・メモリー残高350(メモリー150プラス)
最後にRMを押せば残高の350が表示されます。
やってみると簡単ですよね。

「GTキー」通称:グランドトータルキー

これもメモリーと同じ保存スペースです。つまり電卓には
メモリーGTの2箇所保存できるということです。
GTへは「=キー」(イコールキー)を押すたびに加算されていきます。
引く事はできません。マイナスを足せば引くと同じ意味にはなります。
上の例でやってみましょう。

[GTを使って解くには]
    100 × 2 = 200 ・・200は覚えなくても大丈夫!
     50 × 3 = 150 ・・150も覚えなくても大丈夫!
最後にGTを押せば合計の350が表示されます。

今回の問題はこれを使うのが一番早いですね。

このGTが使いこなせればベテランの証です。


スポンサードリンク
電卓の練習手順
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.