複式簿記を使うと様々なメリットがあるんですね。手間は増えるけど・・・
日商簿記!検定試験と資格

日商簿記の複式簿記

日商簿記検定試験TOP > 日商簿記3級講座 > なぜ複式簿記が必要?

複式簿記のメリット

一番の大きな理由は、企業の経営内容、財務状態を明らかにするためです。
簿記の基本は毎日、取引の帳簿をつけ、その日の現金残と帳簿残を合わせる
というように毎日記録を残していきます。

複式簿記できっちり帳簿を記録することで、当然金融機関や税務署に
対する信用度アップにもつながります。

実際は現金と帳簿の残っていうのは、しょっちゅう合わなかったりします。
そんなバカな!?って思うかもしれませんが、色々と合わないんですねえ。

経理や税務での実務の中心はこの数字合わせなんですよ。
地味です。とても地味です。でもこれがかなり時間がかかるんです。

簿記に向いている人は数字合わせが好きな人だといえます。
好きな人に言わせると、この数字が合う瞬間がたまらないみたいです。
私は1円くらいいいじゃん、って思うダメダメなタイプなのです。

さて実は複式簿記を使うことでとても大きなメリットができます。
複式簿記できっちり記帳していくことで、大きな節税ができるんですね。
その大きなメリットは青色申告による節税です。

ざっと青色申告のメリットをあげてみます。

青色申告特別控除
65万円を限度として、所得の金額から控除されます。(平成17年度より)
控除後の金額から税金が算出されます。
純損失の繰越控除
その年に事業に赤字が生じた場合、この赤字を翌年以後3年間繰り越して
控除することができます。つまり、大きく赤字を出せば、来期は黒字になっても
所得が控除されるんですね。
青色事業専従者控除
配偶者などの親族に対する給与の支払が、必要経費として認められます。
奥さんへの給料なんて、夫婦ですから自分のお金同然です。
奥さんは扶養になれなくなっちゃいますけどね。

国税庁「タックスアンサー」 [参考サイト/税金といえばここ]

とにかく複式簿記は多くのメリットをもたらしてくれます。

ですが、帳簿書類の保存義務があったり、決算書もしっかり作成し
なくちゃならないなどで、手間が倍倍増します。

また白色申告よりしっかり帳簿へ記録されていくため、
経費のちょろまかし行為ができません。

って、もちろん脱税ですからダメ!絶対。


スポンサードリンク
簿記の入門
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.