複式簿記の発見って偉大な発見だったんですよ
日商簿記!検定試験と資格

日商簿記の3級入門講座

日商簿記検定試験TOP > 日商簿記3級講座 > 複式簿記と単式簿記の違い

複式簿記と単式(簡易)簿記の違い

単式簿記」は、現金を基準にして考えます。お金の増減を記録して、
最終的にいくら残ったかを確認するだけです。ただこれだとお金が増えたり
減ったりした原因がわからないんですね。

それに対し、お金の増減の原因までを記録するのが「複式簿記」です。
簿記検定で習うのはこの「複式簿記」になります。

「複式簿記」ではお金の増減と売上げなどの損益が連動して記録され
ます。

500年以上も前からこの形が変わっていないのは、「複式簿記」が
完成された帳簿整理技術だからだと言われています。

これ以上の画期的なものがずっと見つかっていないんですね。

企業経営では正確に経営成績の結果を残す必要があるので、この
「複式簿記」で記帳していくことになります。

ちなみに「複式簿記」は「商業簿記」「工業簿記」「銀行簿記」の3種類あります。
まあ、大事なのは商業簿記なんですけどね。


スポンサードリンク
簿記の入門
Copyright (c) 2004-2010 はじめて学ぶ簿記 All Rights Reserved.